ライフステージに合わせてドッグフードを選ぶために

 

毎日の食事は、愛犬の健康を作ります。食事の質はもちろんですが、食事の量や回数を間違えると肥満の原因にもなるため、注意が必要です。正しい給餌回数とは何回なのでしょうか。

 

餌を待つ犬

 

1日の食事回数

 

愛犬が1日に必要なドッグフードの量やカロリーはドッグフードのパッケージを参考にすることで確認できますが、そのドッグフードを、1日のうち、どのように振り分けていくのか悩んでいる飼い主さんも多いことと思います。

 

私たち人間は、朝・昼・晩と1日3食で必要な栄養素を補います。これは活動量や肥満予防、また脳や内臓などへの栄養源になることなどを考慮し、1日3回になったと言われています。

 

では、愛犬はどうでしょうか?私たちと同じように1日3回の食事回数でいいのでしょうか。実は愛犬の食事回数は、ライフステージや年齢によって考慮してあげるといいでしょう。

 

子犬

子犬は成長著しい時期であり、多くの栄養素とカロリーを必要とします。ですが、まだ内臓機能が完全に発達してなく、一度に多くの食事を摂ることができません。そのため、1日の食事回数は多くなります。

 

1日4〜5回に分けて与えるといいでしょう。6ヶ月を過ぎたあたりから徐々に食事回数を減らしていきます。3〜4回が目安です。

 

成犬

成犬になると1回の食事でしっかりと食べられるようになります。そのため、食事回数の基本は1日2回。朝と晩がいいですね。

 

シニア犬

シニア犬になると、成犬時と比べ圧倒的に行動量が減少し、また消化機能も低下してくるため、食事量が低下したり、1度に食べられる量が減少します。

 

成犬時と同じ量を与えると消化不良を起こす場合もあり、様子を見ながら与えることが重要です。回数が1日3〜4回に増やし、減少した食事量な中でも、しっかりと栄養素が摂れるようにします。